オンライン無料配色ワークを開催しました!

にじまる
2020.9.19に
第一回 オンライン無料配色ワークを開催したよ
どんな様子だったか、良かったこと、そして反省点などをまとめたよ
これからオンラインで何かをやろうとする人のお役に立てれば幸いだ

 

オンライン配色ワークを開催しました!

 

オンラインで何かをやりたい

そう思い、私にできること・・・

【色の知識を使って楽しむ】

ということで、配色ワークをやろうと考えました

 

ワークにはzoomを使用

 

オンライン会議ができるものとして、今話題になっているzoomというものを使ってみることに決めました

しかし、初めてなのでどうして良いかわからず・・・

 

よし、とりあえず使ってみよう

 

という結論に至り、配色ワークの前に【オンラインお茶会】を開くことにしました

 

オンラインお茶会をTwitterで呼びかけたところ、3人の方との時間が合い、お茶会を決行

会議を開くにはどうしたら良いか、開いた会議室に相手が入るにはどうしたら良いか、サイトなどで調べてからやっているのですが、やはり実際にやってみるとわからなないことや戸惑うことがでてきます

 

いまだに完全にはわかっていないのですが、まずは会議を開くこと、会議室に相手を入れる方法がわかりました

 

2人で居る時は制限時間が24時間(?)で、3人以上だと45分だとどこかに書いてあったので、それは参考までに頭に入れ(今回はお茶会なので時間にルーズでも良いと思った)一人ひとりにパスワードを渡していきました

 

お茶会を終え、声の大きさ、途切れ、タイムラグなど色々と気を付けなければいけないことがあるとわかりました

 

さて、いよいよオンライン無料配色ワークです

 

 

事前準備

 

オンライン無料配色ワーク開催にあたり、事前に準備しておかなければならないものがありました

今回は【配色技法を一緒に作る】ワークにしようと思っていたので、色の紙と台紙を用意する必要がありました

郵送にすると時間も手間もお金もかかります

なので、参加者の皆様にデータを送り、個々でプリントアウトしていただくという方法をとりました

 

これには、良い面と悪い面がありました

 

まず良い面としては

・データが一瞬で届く

・印刷、郵送の手間が省ける

・先方に住所を聞かなくても良い

 

そして悪い面

・プリンターを使えない状況の方もいる

・プリンターや用紙によって、色みがズレることがある

 

今回は、微妙な色の変化が関係するワークではなかったので、印刷後の色のズレはそのままにしました

プリンターを使えない状況の方には郵送しました

 

上記の問題点を今後どうしていくかが今後の課題です

 

ワークの前に、時間の短縮と予習を兼ねて、少し参加者の皆様に課題を出しました

白く抜いた四角にカラーカードを貼り、色相環を完成させるというものです

これで大体の色の位置関係を覚えてもらい、ワークの日を迎えていただきました

 

ワーク開催!

 

時間になり、集まっていただいた皆様とワークを始めます

事前にお渡ししておいた【配色技法】を作る台紙に、カラーカードを貼っていきます

カラーカードは私が作成したもので、データで送ったものを参加していただいた方がプリントアウトして使うというものです

インクジェット紙、上質紙、光沢紙、マット紙など、紙の種類で色の出方が変わるので心配された参加者さんもいらっしゃいました

今回のワークではそこにはそれほど重要性がなかったので良かったですが、これはこれからの課題です

このカードを、配色技法に沿って切り貼りしていきました

 

ワークはTwitterで知り合った方ばかりなので、とても雰囲気良く行うことができました

画面上で他の人が作ったものが見られるというのも良かったと思います

そして、そこでお顔を見せてお話することで、参加者の方々の今後のコミュニケーションも取りやすくなったのではないかなと思っています

 

 

問題点・改善点

 

ただ、私には大きな問題点・反省点、改善点・課題が残りました

このような問題点のせいで、参加者の方には不快な思いをさせてしまったかもしれません

申し訳ございませんでした

 

問題点・反省点

 

問題点・反省点

・ワークのデータにカラーを使うと、受け取る側の状況によって色みが変わってしまう

・ワークをやっている間、静まり返る

・電波等の環境が悪い方のフォローができなかった

・ワークに参加した意図をお聞きしていなかった→独りよがりなワークを作っていたかもしれない

↑これが一番の問題点だったと思っています

・質問に対して、納得していただける回答ができていなかったように思う

 

改善点・課題

 

改善点・課題

・極力データに色みを使わない工夫をする

・ワークの邪魔にならなくて間が持つ、もしくはその間を短縮する方法を考える

・ワークに参加を希望した理由(何を期待して参加するのか)を聞き、それにできるだけ寄り添ったワークにする

↑やはりココですよね・・・

・ワークの応用の仕方を明確に伝えられるようなワークを作る

・zoomの開催、招待の方法をもっと勉強する

 

 

ワークに参加していただいた方は皆様

良かった

ためになった

と言ってくださいました

しかし、それは【お友達評価】であると思っています

次回はもっとためになるワークを開催したいと思います

 

最後に

 

今回ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

また近々開催します

もっとためになって、もっと楽しものにしますので、またご参加お待ちしています

 

前回は参加しなかったけれど、またやるなら参加したいな・・・

という方は、是非ご連絡ください!

 

気になるけど参加希望ってわけじゃなくて、ちょっとおはなし聞きたいな

という方も、是非ご連絡ください!

 

自粛ムードが緩んだとはいえ、おうちにいる時間が長いと思います

一緒に楽しみましょう!

 

Email  mail@nijimaru.com

 

Twitter  @nijimaru_color

 

ご連絡 お待ちしています♪

 

 

おすすめの記事