パーソナルカラリスト検定1級!そしてこれから!

パーソナルカラリスト検定 1級 合格発表!

 

さてさて、7月に受験した

パーソナルカラリスト検定1級

の合否通知が今月はじめ頃郵送されてきました

結果は?

合格!

おかげさまで合格することができました!

 

今回は在宅受験ということもあり、通年とは色々と違った受験になったと思います

我々受験する立場の人間よりも、きっと準備する協会の方々の方が大変だったことでしょう

本当にありがとうございました

 

そんなわけで

1級パーソナルカラリストとなったにじまるではございますが、この他にもカラーに関する肩書や資格を持っております

プロフィールに記載したと思いますが、これからやっていこうと思っていることもありますので、改めてにじまるの保有資格をご紹介いたします

 

カラーに関する合格した検定、資格など
保有資格
・1級色彩コーディネーター
・UCアドバイザー
・カラーマスター2級
・パーソナルカラーアドバイザー🄬
・1級パーソナルカラリスト
・パーソナルカラー活用アドバイザー
・カラーセラピスト

合格済み検定試験
・色彩検定2級、1級、UC級
・色彩士検定3級、2級
・デジタル色彩士検定3級

・カラーデザイン検定3級
・色彩技能パーソナルカラー検定モジュール1,2,3
・色彩活用パーソナルカラー検定2級
・パーソナルカラリスト検定2級、1級

その他
・ポーポー・ポロダクション主催 色彩心理エキスパートコース終了

このような感じです

いやぁ・・・駆け抜けてきました

そして、全て独学です

 

この体験を伝えていけたら、何かのお役に立てるのではないか

そう考えています

 

それを、現在YouTubeにて行っているセミナーとして配信するか、もしくはここで文章として綴っていくか

9月初旬には答えを出して、動き出したいと思っています

 

新型コロナウイルスの猛威が収まりをみせれば、秋・冬は検定ラッシュです

その対策に間に合うようなんとか頑張っていければと思っています

 

1級が終わりではないのです

 

1級の合格通知が届くと、必ず「その後」についてのお知らせが同封されてきます

認定講師 への道

だったり

さらに上のセミナー へのお誘い

だったり

 

私はまだ一度もそれらに申し込んだことはありません

だって

高い・・・(笑)

しかし、高いだけのことはある、充実した講義であるというお話でした

なので、一つは認定講師のセミナーに参加しようと思っています

 

資格をどうとらえるか

 

過去に書いたかもしれませんが、資格というのはそれをどう捉えるかで価値が変わるものと考えます

例えば、自分にキャリアがない状態でカラーの仕事をしようと思ったとき、キャリアがある人と比べたら知識も技術も信用も得られにくいでしょう

その時に、基本的な知識、技能を身に付けるために資格を取る

これは正解です

しかし、その資格を前面に出して、「キャリア」と対等なフィールドに立つには、1級より下ではお話にならないと思っています

なぜなら、カラーの検定は1級と2級の間にとんでもない差があるからです

検定の合格率も、知識も技能もです

これは、私が受験してきたほぼ全ての検定試験においてそうでした

デザイン会社やカラー関係の会社に就職を希望する場合でも、それこそカラーの資格を持った人がゴロゴロ集まるでしょう

私が検定試験を受けた受験会場で、専門学校生の軍団を見かけたことがあります

学校が生徒に受験させているのでしょう

そんな中で3級2級では、資格を武器にはしにくいといえます

 

もちろん、資格を前面に出さないなら良いです

例えば、自分がイラストを描いたりデザインをしたりするのに配色理論を学びたい

そういうことであれば、3級、2級あれば十分力になるはずです

でも、仕事をする上で、資格を武器として同業者と肩を並べるなら、1級以上は必要です

なので、私は1級にこだわりました

しかし、やはり資格だけではダメです

 

 

使ってこその資格

 

1級をとりました

はい、それで仕事ができるのか?

答えはNOです

資格を取るために学んだことは、全て

基本

です

1級でもです

その基本に自分で考えた肉付けをして、さらに知識をつけ、試行錯誤して提供して評価をもらって

やっとです

そのを手に入れるために必要な知識が資格だと考えています

 

仕事と書きましたが、趣味などでも同じです

配色技法を覚えても、使いこなさなければ知らないのと同じです

色を変えてトーンを変えて・・・と、試行錯誤して作り出して

やっとです

 

おわりに

 

堅苦しくなりましたが、そういったわけで、私はまだ基本です

正確に言うと、現在カラーの仕事をしながらの資格取得なので

基本に毛が生えたくらいです

学んだことを全て血肉に変えられるよう、更に精進していきます

 

これからカラーの検定の受験を考えている方は、検定をこのような目線で考えている人がいるんだなぁ~

くらいに心に留めておいていただけると嬉しいです

 

にじまるでした

 

おすすめの記事