色を選ぶときに思い出してほしいこと

 

にじまる
やぁ!
にじまるだよ!

第一回目の色彩ブログは、パーソナルカラーにまつわるあれこれだよ
パーソナルカラーとは「自分に似合う色」のこと
その「似合う」ということについてお話しようね

固有感情と表現感情

パーソナルカラー診断をする人たち・・・パーソナルカラリストやアドバイザー、アナリストといった人たちは、何をもって、その人に似合う色を判断しているのでしょう?

 

実は、色を見た時の感情って2種類あるのです

・固有感情
例えば「白い箱」と「黒い箱」
二つの色の箱があったら、どちらの箱のほうが重そうに見えますか?

よほどのひねくれもの(失礼)でない限り「黒い箱」のほうが重そうと答えるはずです

このように、特定の「色」に対して大体の人が同じように感じる感情を

「固有感情」といいます

赤やオレンジを温かく感じ、青や青緑が冷たく感じたりするのも同じ「固有感情」です

・表現感情
では、「赤」と「青」ならどちらが好きですか?
こう聞かれると、人それぞれ答えは違うはずです

個人個人が独自に持っている主観的な感情
つまり、見る人によって感じ方が変わる感情を

「表現感情」といいます

きれい、きたない、似合う、似合わないも「表現感情」です

 

 

「色」と「顔色」の関係

「その人に似合う色を見つける」

それがパーソナルカラー診断です

ですので、「表現感情」の部分がとても重要です

 

例えば、白い服、白に近い服(薄い色の服)を身に付けると、顔色は白くなり、ふっくらと膨張します

これは、ほとんどの人に見られる顔の変化です

「固有感情」ですね

これは実際に体験したかたも多いと思います

 

ですが、

「顔は白く見えるのに青白くてお化けみたい」

「なんか顔がぼやけて見える」

そういった悩みが出てくることもありますね

この場合、パーソナルカラーが合っていない可能性があります

つまり「似合わない」のです

 

「似合う、似合わない」は、見る人によって感じ方が変わる「表現感情」であるというお話をしました

パーソナルカラリストはそれを理解し、より多くの人が「似合う」と感じる色をご提案しているのです

 

似合う色で迷ったら・・・?

「色」といっても、本当にさまざまです

赤だけでも細かく言えばどれだけでもあります

全てを試着できればよいのですが、そういうわけにはいきませんね

なので、軽くポイントだけ説明しますね

 

・色を選ぶときのポイント
明るい・暗い
青で例えたら、
パステルブルー・スカイブルー・ブルー・ネイビーブルー
顔がぼやけない色は?シミが目立たない色は?
どれが一番似合うでしょう?

鮮やか・渋め
緑で例えたら
グリーン・モスグリーン・オリーブグリーン

下品に見えませんか?弱々しくなりませんか?
どれが一番似合いますか?

クリア・マット
マゼンタかローズピンクなら?
ブラックかダークグレーなら?

ギラつきませんか?地味に見えませんか?

似合わないときにでる状態を挙げました

いかがですか?

 

この他にもパーソナルシーズンに分けられた色を使い、パーソナルカラリストは似合う色を探していきます

 

もちろん、にじまるもパーソナルカラー診断をしていますよ!

にじまるのパーソナルカラー診断は

お顔の写真不要のネット診断です

スキルマーケット「ココナラ」にて販売しております!

無料登録が必要です

(閲覧は登録無用です)

 

にじまる
お気軽にのぞいてみてくださいね!
お待ちしています!!
おすすめの記事