2020年度 色彩検定受験の皆様、お疲れ様でした!

お疲れさまでした!

2020年度 色彩検定の全ての試験が終わりました。

 

皆様、お疲れ様でした!

 

そして、1級以外の級の受験者はもう合否がわかり、合格の方には合格証書と資格証が届いているのではないでしょうか?

 

手にすると実感わきますよね♪

 

過去問が発売されたら購入して、私も問題を解いてみようと思っています。

 

 

今回の検定試験はテキスト改訂と新型コロナウイルスの影響で、新旧両方のテキストに対応した内容だと発表されていました。

 

私も少しでもお役に立てればと思い、noteで新旧テキスト比較や明度表、トーンイメージの作成などをお知らせしてきました。

 

各級を受験された方が「合格しました!」とTwitterで報告をしているのを、良かった!良かった!!と思いながら見ています。

 

 

改めて・・・

 

合格された方、おめでとうございます!

 

合格できなかった方、次回リベンジしましょう!応援しています!

 

合否待ちの方、ドキドキですね!合格を祈っています

 

 

2020年は『新型コロナウイルス』という大きな敵が世界を襲いました。

 

ロックダウンした都市もあり、オリンピックは延期になり、著名人や周りの大切な人、また、大切な人の大切な人が感染したり、残念ながらお亡くなりになったりしました。

 

そんな中、さまざまな検定試験も中止や延期、内容の変更がありました。

 

色彩に関する検定だけでも中止になったり在宅受験になったりした検定がありました。

 

色彩検定も例外ではなく、夏期検定は中止となり、冬期検定も一部日程が変更になりました。

 

その関係で、新旧テキスト対応の期間が冬期まで延び、検定試験を受ける方に大きな影響を与えたことと思います。

 

そんな中での検定試験でしたね。

 

学校、仕事、家庭など、環境がガラリと変わってしまった中で勉強時間を捻出するのは大変なことだったと思います。

 

私も色彩検定は合格していますが、今年のように過酷な状況での受験だったなら、もしかしたら合格できなかったかもしれません。

 

 

ですから合格された皆様は、思い切り胸をはってくださいね!

 

知識もそうですが、この過酷な状況の中で懸命に勉強したこと、そして結果を残せたことを何より誇っていただきたいと思います。

 

合格できなかった方は、勉強不足ということは残念ながら否定できません。

 

しかし、今年は悪い意味で特別でした。

 

もしもリベンジできる環境であれば、リベンジしてほしいなぁと思います。

 

今年、この状況で検定試験を受けようと思った気持ち、そして頑張った経験は、必ず次回に活きてきます。

 

来年度は新テキストのみが範囲となる最初の検定試験になります。

 

予想などは立てにくいですが、また受験される皆様を応援する企画を立てたいと思っています。

 

来年上級を目指す方、リベンジされる方、初めて受験を予定している方も、また一緒に頑張っていきましょうね!

 

本当にお疲れさまでした!

 

 

 

 

 

おすすめの記事