カラーの検定試験のいろいろ(カラーコーディネーター検定編)

にじまるに「色彩検定」と「色彩士検定」の情報を教えてもらったエリニャベスちゃん

エリニャベス
私、色彩の勉強にとても興味がでてきちゃった!
まだまだ色の検定ってあるのよね?

にじまる
もちろん!
次は、カラーコーディネーター検定について説明するよ!

エリニャベス
わぁっ!嬉しい!!
私、1級とりたい!

にじまる
あぁっ・・・残念・・・
ごめんねエリニャベスちゃん
カラーコーディネーター検定は、1級、2級という分け方は変更になり
違うクラス分けがされているんだよ

 

カラーコーディネーター検定

プチ情報
2020年の検定試験日程
・夏期・・・6/7(日)
・冬期・・・11/29(日)

受験料
・スタンダードクラス・・・5,500円
・アドバンスクラス・・・7,700円

にじまる
カラーコーディネーター検定は東京商工会議所が行っているカラーの検定です
2019年までは「1級、2級、3級」という資格だったけど、2020年から「スタンダードクラス・アドバンスクラス」の2コースに変更になったよ
ちなみに2019年までは、夏期は6月中旬、冬期は12月下旬に行われていたけれど、2020年は夏期が6月上旬、冬期が11月下旬に行われるので注意してね!

 

それでは各級の詳細をみていきましょう

スタンダードクラス
どんな検定?
色彩に関する基礎的な知識について理解しているかを問われる検定です

出題範囲としては

スタンダードクラス公式テキストに該当する知識と、 それを理解した上での応用力を問います。
・生活と色の効用
・色を自在に操る方法
・きれいな配色をつくる
・色を美しく見せる光のマジック
・背景色を上手に使って色の見えを変えてみよう
・色で売り上げをアップするために

とHPに記載されています

試験時間
120分 (マークシート方式)

合格ライン
100点満点中70点以上

 

アドバンスクラス
どんな検定?
基礎的な知識の他にビジネスにおける色彩の活用事例など幅広い知識を問われる検定です

出題範囲としては

アドバンスクラス公式テキストに該当する知識と、
それを理解した上での応用力を問います。
・カラーコーディネーターの実務
・色の見えの多様性とユニバーサルデザイン
・色をつくり、形をつくる 色材、混色から画像へ
・色彩と照明計画
・表色系と測色方法及び色彩管理の手法
・安全色彩
・製品の色彩調査手法ー色彩分析と心理評価
・さまざまな配色用語と実際
・ファッションカラーと色彩計画の諸条件
・メイクアップ製品の色彩設計・管理とカラーコーディネーション
・インテリア製品の色彩の特徴とカラーコーディネーション
・プロダクツの色彩的特徴
・環境色彩
・効果的なプレゼンテーションを生み出すカラーコーディネーション技術
・近現代のデザインとカラーの歴史
・ファッションカラーの変遷と時代背景

とHPに記載されています

試験時間
120分 (マークシート方式)

合格ライン
100点満点中70点以上

まとめ

エリニャベス
3つの級が2つのコースになったのね
どれを受験して良いかよくわからないわ

合格率は公表されていないの?

にじまる
2020年から始まったコースだから、残念ながらまだデータがないんだよ
迷ったらスタンダードクラスから始めても良いし、合格講座なども開催されるから受講するのもいいね
力試しに両コースを併願で受けることもできる
詳しくはカラーコーディネーター検定のホームページを見ると良いよ

 

 

おすすめの記事